中村奨成選手も愛用のカウンタースイングの正規販売店。カチカチバットでスイング革命、ホームラン量産を実現するギアです。

「脱力を鍛える!」野球界の常識の反対を行く。

カウンタースイングは音がなる回数で、自分のスイングがどうなっているかを確認でき、スイングの修正ができます。
スイングの至極の技であるインパクトで「勝手に力が入る」この感覚を体得することが出来ます。
※アシックス社のカウンタースイングは弊社からライセンス付与して発売されているものです。

※練習成果には個人差があります。

カウンタースイングをご注文いただいたお客様へ

本商品につきましてはご入金から順次発送しております。
発送予定日は以下を参考にしてください。

入金した日 発送目安
入金されたお客様 入金後5営業日以内に発送

 

カウンタースウイング購入ページはこちら

 

 

クーニンTVに紹介されました!

クーニンTVでカウンタースイングに関する全ての疑問が解決します。ぜひご覧ください。

販売者情報
社名 サークルワン
本社所在地 京都府綴喜郡井手町宮ノ本105
代表者 野田竜也
担当者 生野武史(090-5908-1585)

※カウンタースイングの商標は弊社が登録しております。アシックス社のカウンタースイングは弊社からライセンス付与して発売されているものです。

ブログ

counterswing音二回 後側

肩甲骨の可動域が小さいためヘッドが遅れて出てきません。これは、『タマってない』と認識してもいいはずです。タマってないとバットをしなやかに扱えません。

counterswing音一回のスイング 後側

肩甲骨の可動域が大きいためヘッドが遅れて出てきます。『タメながら振る。振りながらタマる』このような感じです。

counterswing音二回のスイング

ボール(黄色いスポンジ)の外側(アウトサイド)を叩くためスタンドティーは回転方向に倒れます。インパクト直前で力を加えるとこのようになります。これは最短距離が短いスイングです。

counterswing音一回のスイング

ボール(黄色いスポンジ)の内側を叩けるのでスタンドティーはセンター方向に倒れます。また、脱力により振り出しからヘッドが効く(ヘッドを重く使える)ため全力のゆっくりスイングとなります。

counterswing使用方法

img_2963 トレーナーF氏は、このように使用されています。

PAGETOP
Copyright © サークルワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.