中村奨成選手も愛用のカウンタースイングの正規販売店。カチカチバットでスイング革命、ホームラン量産を実現するギアです。

使用方法

  • HOME »
  • 使用方法

はじめに

上から叩く。最短距離で打つ。
これは、殆どの野球経験者が教わる打撃法。
しかし、この打撃法で練習に取り組む選手の中には、バッティングホームに悪い癖をつけてしまう選手が数多くいる。
最短距離を意識するあまり、ミートゾーンが狭くなりその結果、急激に手首を捏ねる手打ちスイングになってしまうのだ。
その問題を解決するのが『脱力を鍛える』という発想である。脱力を鍛えられると、ミートゾーンの幅が大きくなる。
言いかえれば、ミートポイントで力を発揮させるタメに必要である、スイングの最適距離が獲得できるのだ。

COUNTERSWINGは、そんな至極の技を鍛えるタメに開発されたトレーニングバットであり、
ホームランや長打を打ちたいと思うプレーヤーは是非一度挑戦して欲しい。
常識通りのスイングなら、二つのコマは分散し二回の音が鳴る。
それは、振り幅が狭く力を発揮させるタメの最適距離が取れていない合図だ。
それとは逆に、二つのコマを分散させずに振りだせた場合、後頭部付近で一回の音が鳴る。それは脱力が鍛えられた合図である。

力を入れるタメに、脱力を鍛える。野球界の常識の反対を行く。
ホームランを拘る全ての方へ。脱力して飛ばせ。

sample10

COUNTERSWING使用時と刀(おもちゃ)使用時の比較

成功

COUNTERSWING使用時、振り出しで音1回 = 鞘を置き去りに刀がスッ!っと抜ける。
脱力による「間」が出来ることで勝手に力が入る。

失敗

COUNTERSWING使用時、音2回(2つのコマ分散) = 鞘から刀が抜けない状態。「間」が無い。

sample16
sample14

sample17
sample15

PAGETOP
Copyright © サークルワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.